full screen background image
印刷ボタン

萩原先生Ms.Hagihara

グループ
Sグループ
マンツーマン

資格:英検1級・TOEIC975

主婦業のかたわら試行錯誤を繰り返し英検1級/TOEIC975取得。その学習方法、学習時短術は有名語学雑誌にも掲載される。資格対策をしながら総合的な英語力アップを図るレッスンを展開する。

自己紹介

主婦から一念発起、英語を勉強するため通訳学校に通い始めた時、同じ目標を持つ仲間たちと切磋琢磨できることが何よりの励みでした。

通学中に英検1級1次を通過し、他のスクールも含め英検対策講座を検討しましたが、残念ながら受けたいと思う授業がほとんど夜間に集中していたため選択肢が限られ、最終的に独学になりました。

寺子屋英語学院では、朝とお昼間に授業を担当します。家庭の事情や仕事の関係などで夜に学校に通えず、同じような思いをされている方を全力でサポートしたいと思っています。現在2児の子育て中。限られた時間で仕事と家事を両立させ、勉強時間も確保するため、時間管理術や手帳術を実践しています。授業の中でもご紹介します。

レッスンスタイル

資格対策で総合力アップ

「やり直し英語」と「英検対策」のクラスを担当しますが、授業では常に「オールインワン」を意識しています。わたし自身、資格取得という目標に向かって総合的な英語力を身につけた経験がありますので、「読む」「書く」「話す」「聞く」といった4技能を伸ばすための要素が、バランスよく1つの授業に集約されている、そんなクラス作りをしていきます。英検の受験を考えていない方もぜひご参加ください。

宿題と小テスト

「質」の高いレッスンを心がけますが、英語学習には「量」が必要です。適量の宿題と定期的な小テストを通し、英語学習が習慣化するようサポートします。

効果的な「ながら学習」を

全く分からないニュースなどを聞き流してもなかなか効果は上がりません。しかし、読解、音読、シャドーイングなどを行い、「しっかりと理解した素材」を聞き流すことは、これ以上にない効果的な「ながら学習法」です。その他にも、忙しい学習者が実践できる時短術をご紹介いたします。

英語歴

初めて「英語を使って仕事をしたい」と思ったのは、デミ・ムーア主演の『ゴースト』を見たときでした。それまで、教科書でしか触れたことのなかった英語が、まさに生きた英語として目の前の大きなスクリーンで表現され、しかもそのときにほんの少しだけ聞き取れたことに感動しました。それがうれしくて、学校の英語の勉強に力を入れるようになり、授業だけでは飽き足らず、ネイティブがナレーションするリスニング教材『イングリッシュアドベンチャー』を両親に頼み込んで定期購読してもらいました。高校3年生ぐらいのときには、もうはっきりと「英語を使って仕事をしたい」という夢を持っていました。しかし、留学や海外滞在経験をするチャンスもなく、英語が使えると思っていた職場でも、その機会はありませんでした。

結婚してからも夢が諦めきれず、通訳学校に通い必死に予習復習をして、ついに憧れの英検1級の1次試験に合格!と喜んだのも束の間、2次試験に落ち続け1次試験免除のチャンスをすべて使い果たしてしまいました。その後、英検1級の1次と2次をストレートで合格、TOEICも900点突破を達成することができましたが、かなりの挫折を経験してきました。資格のための勉強は何かと批判の対象となりますが、わたしの場合、資格やスコアという明確な目標と向き合うことにより、集中して学習が出来たのだと思っています。この経験を通し、わたしと同じように挫折や停滞を経験している学習者の方と気持ちを共有し、励みとなれるよう頑張っていきたいと思っています。

My英語ライフ

自分の時間を確保するため朝4時までに起床。ラジオ英語講座やEnglish Journalなどを利用して、気に入ったものは繰り返し学習しています。「ながら学習」を心がけ、覚えておきたい単語やフレーズなどはキッチンや洗面台を利用して隙間時間にチェック。子どもたちがディズニーチャンネルを見ているときも、家事をしながら耳をそばだててリスニングしていますが、意外とTOEICに出るような表現もよく登場するので侮れません。海外ドラマも大好きですが、今はいつもより早く目が覚めてしまったときにだけ、自分へのご褒美として見ています。

  • English Journal(英語のインタビューを通して異文化を学ぶ英語学習誌)
    http://www.alc.co.jp/ej/
入塾説明会・イベントレッスン・お問い合わせはこちら

TOP of PAGE