full screen background image
印刷ボタン
佐野先生

佐野先生Mr.Sano

資格:英検1級

大学、外語専門学校、企業での講師を歴任し、TOEIC関連の書籍も執筆。「読んで訳す」が英語学習の主流だった時代から、「イメージをそのままに英語に直す」「英語を英語で考える」など訳読式脱却の教授法・学習法を研究し、多数の学習者の指導にあたっている。授業の90%はオリジナルテキストを使用。

自己紹介

神戸生まれの神戸育ち。神戸市外国語大学卒。卒業後サラリーマンを務めるも脱サラ。その後、英語教育歴35年以上のフリーランス英語インストラクター / ライター。1979年TOEIC創設以来2005年頃までTOEICテストの普及に尽力。著書に「TOEIC TESTリスニング完全攻略」などがある。独自の開発の教え方にConsciousness-Raising Method(CRM=意識覚醒教授法)と名前を付け、お呼びがかかると、企業・語学スクールなどで英語講師を務めている。

趣味は昔スキー、今ボウリング(最高スコア268)。その他英語でしゃべること、英語のテキスト作り、列車旅行、気の合った仲間との居酒屋でのおしゃべりなどが趣味。好物はようかん、もなか、ぜんざいなどのあん系の和菓子と梅酒。

レッスンスタイル

生の英語にこだわり、何よりも英語の楽しさをわかってもらえる授業を心がけています。テキストは基本的に私が作成したオリジナルを使用します。

  • 英語を英語のまま入れ、英語のまま出す。
  • コアイメージで英語をとらえる。
  • 英語で考える。

基本的に、英語を逐一日本語に訳して理解することはどうしても当初の意味とのズレが生じるため、行わないようにしています。

私達は日本語を話す際、イメージを頭に浮かべてそれを直接日本語にして口から出しているはずです。そのことを英語学習にも取り入れるのが自然です。簡単な例をあげれば、英語の単語 triangleを覚える時に「三角形」という日本語で覚えるのではなく△という図形でイメージ化して頭に入れます。そうすると英語をしゃべる時にも、「三角形」という日本語を浮かべてからそれを英語に直すという過程を踏まずに、triangleという英語が出てくるという構造を作ることができます。onという前置詞なども何かが何かとくっついているイメージで頭に入れることによって、そのイメージを浮かべて on という単語を口から出すという頭の構造ができます。これをhave, get, takeといった基本動詞にも生かしていきます。このようにコアイメージを身につけ、英語で考えて話すべースをつくりあげていきます。

授業ではなるべく早い時期に「イメージすること」を教え、英語を英語のまま理解し英語のまま出すというコツを身につけながら、アクションなども交えつつ英語の世界に入っていただけるよう指導しています。

また、ある英単語の説明をやさしい英語で私が音読し、頭の中にイメージしてもらい、その単語を当てさせるという訓練(「パックン英検」ならぬ「いっくん英検」と名づけています)をしたり、町中で拾った英語表現を正しく直させてから正解を示し、なぜその英語表現にした方がいいのかを説いたりしています。

なお、ユーモアは大切だと思っているので、レッスンにはユーモアの感覚やジョークを入れて生徒さんの笑顔を見ながらレッスンをすすめるようにしています。

英語歴

昔英語劇に出演したことのある母の影響もあり、中学時代からの英語好き。大学時代に英文を感情込めて読むことに数時間没頭していて、帰宅した家族に日本語で話しかけられた時とっさに日本語が出てこなかったという経験が「英語で考える」きっかけになりました。海外経験はなく、英語の発音は、当時毎日のように聞いていた「百万人の英語」というラジオ講座で、ハワイ大学の鬼頭イツ子講師の発音をマネして基礎を身につけました。

英会話学校、大学予備校、専門学校、企業で教鞭をとるかたわら、native思考の英語を追求。日常的にはラジオ・テレビ英語講座・English Journalなどのテープ付き英語学習雑誌や英字新聞をよく利用し、社会人中心の英語議論のグループ活動を主宰したり、native speaker主体の学会JALT(全国語学教育学会)の活動に参加したりしながら生の英語を追求、実践的英語力を磨いています。

My英語ライフ

英語教育の学会に参加して意見を述べたり、人を集めてミニ講演をしたり、YoutubeやTEDの動画で英語のインタビューやスピーチを聞いたり、CNNニュース中心に生の英語に触れたり、社会事象について自分の意見をひとり言で述べてみたりして英語に親しんでいます。気分がのっている時には英語の歌を歌ったりすることもあります。

  • TED(学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう)
    http://www.ted.com/
  • CNNニュース(米国発の24時間ニュース専門局)
    http://edition.cnn.com/
入塾説明会・イベントレッスン・お問い合わせはこちら

TOP of PAGE